痛風治療薬「フェブタズ」通販情報TOP > 痛風治療薬フェブタズ(Febutaz)効果や用法

フェブタズの効果や用法

フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)は、痛風の原因とされる尿酸増加を抑える尿酸降下薬です。

フェブリクのジェネリック薬であるフェブタズ(Febutaz)の効果としては、有効成分であるフェブキソスタットの作用により、尿酸を軽減し、痛風や高尿酸血症を改善していきます。

また、用法としては、成人は1日10mgより開始し、1日1回経口服用します。

それ以降は、血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に服用量を増やしていきます。

維持量は通常1日1回40mgとなり、最大服用量は1日1回60mgとします。

なお、患者の状態に応じて適宜増減することとします。

フェブタズの別名としては、アロシトール(田辺三菱)、サロベール(大日本住友)、ザイロリック錠(グラクソ・スミスクライン)、フェブリク(帝人ファーマ)、リボール(メディサ)、アイデイト(鶴原)、アノプロリン(アルフレッサ)といった日本名があります。

フェブタズには、40mgではなく、80mgの製品もあり、ピルカッターで分割して使うのが面倒でなければ、フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)のほうがお得です。