今見ているページ > 痛風治療薬「フェブタズ」通販情報のトップページ

痛風治療薬フェブリクのジェネリック薬

痛風治療薬フェブリクのジェネリック薬である「フェブタズ」の個人輸入代行での通販情報などを紹介しています。

フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)は、痛風の原因とされる尿酸増加を抑える尿酸降下薬です。

フェブタズの成分であるフェブキソスタットが、尿酸の産生を抑制し、痛風関節炎や痛風結節、そして、高尿酸血症を改善します。

尿酸という物質は、体内で核酸からプリン体やヒポキサンチン、さらにキサンチンを経て生成されるのですが、その生成に関与しているキサンチンオキシダーゼ(酵素)の作用を抑えることによって、尿酸の産生を抑制し、痛風や高尿酸血症を改善します。

フェブタズには、40mgではなく、80mgの製品もあり、ピルカッターで分割して使うのが面倒でなければ、フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)のほうがお得です。

フェブタズの効果や用法

フェブリクのジェネリック薬であるフェブタズ(Febutaz)の効果としては、有効成分であるフェブキソスタットの作用により、尿酸を軽減し、痛風や高尿酸血症を改善していきます。

また、用法としては、成人は1日10mgより開始し、1日1回経口服用します。

それ以降は、血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に服用量を増やしていきます。

維持量は通常1日1回40mgとなり、最大服用量は1日1回60mgとします。

なお、患者の状態に応じて適宜増減することとします。

フェブタズの別名としては、アロシトール(田辺三菱)、サロベール(大日本住友)、ザイロリック錠(グラクソ・スミスクライン)、フェブリク(帝人ファーマ)、リボール(メディサ)、アイデイト(鶴原)、アノプロリン(アルフレッサ)といった日本名があります。

フェブタズの副作用や注意事項

フェブリクのジェネリック薬であるフェブタズ(Febutaz)の副作用は、現在のところは報告されていませんが、万が一、異常を感じた場合は、直ちに使用をやめ、医師に相談するようにしてください。

今のところ副作用が報告されていない薬なので、痛風で苦しんでいる方には朗報です。

注意事項としては、重い腎臓病や肝臓病のある場合は、慎重に確認した上で服用するようにしてください。

また、尿量を増やし、尿酸結石を防ぐために水分を多めに摂取するようにしてください。

プリン体を多く含む肉類やビールは控えめにし、より良い食生活を心掛けることをオススメします。また、痛風発作時は、禁酒を徹底するようにしましょう。